マンガとアニメとゲームの買取堂のブログ ■ オタクとサブカルの古本屋

「serial experiments lain」がやたらと面白そう

投稿日:

serial experiments lain
visual experiments lain
ビジュアルエクスペリメンツ レイン(ソニー・マガジン)

古本屋をやってて楽しいのが、自分の全然知らない作品に出会うことです。当店ではネットなども参考(あくまで参考)にしながら値付けをしていくのですが、妙な高値が付いている場合があります。そうなると当然その理由が調べたくなる。「ビジュアルエクスペリメンツ レイン(ソニー・マガジン)」もそう。変な高値がついていました。
『存在は認識=意識の接続によって定義され、人はみな繋がれている。記憶とはただの記録にすぎない。』という世界観のもとで繰り広げられる、14歳の少女・玲音(lain)をめぐる物語。リアルワールドとコンピュータネットワーク・ワイヤード(Wired = 繋がれたもの)に遍在する「lain」という存在について。
(Wikipediaより引用)
うぉぉ、なんじゃこりゃ、面白そうだぞ!
ネットで調査してみると90年代末のかなりカルトな名作なようですね。不覚にもまったく知りませんでした。
アマゾンレヴューなど調べてみるとゲーム、アニメ、関連書籍が例外なく絶賛!、そして例外なくプレミア価格!
店主は攻殻機動隊が大好きなのですが、それとも大きく異なるよう。
多分「自分が自分である根拠はどこにあるのか」系の作品だと思うのですが、店主の大好物です。まあ、ビョーキってことですが、ビョーキで何が悪い。
是非プレイしてみたいのですが、1万7千円は高いなぁ。とりあえずアニメを鑑賞しようと思います。