アニメ・ゲーム・アイドル雑誌の買取について

プレミア・希少品|大量買取歓迎

アニメ・ゲーム雑誌の買取について

  • アニメージュ
  • アニメディア
  • NEWTYPE
  • ジ・アニメ
  • アニメック
  • マイアニメ

  • 月刊OUT
  • アニメV
  • 熱風(ジブリ社報)
  • 月刊アニメーション
  • イラストノート
  • 月刊PCエンジン
  • メガドライブFAN
  • マル勝PCエンジン
  • 電撃PCエンジン
  • 月刊ポプコム
  • PC Engine FAN
  • 月刊絵本別冊アニメーション
  • 季刊宇宙船
  • B-CLUB
  • 月刊コンプティーク
  • テクノポリス
  • コンバットマガジン

査定の基準

買取不可から高額査定まで、査定基準はいろいろです。

希少性

当たり前ですが、珍しい雑誌、希少な雑誌は高額で査定します。ただ、買取ができない、ほとんど金額が付けられない雑誌も一方で多くあります。ピンからキリまでの分野です。

特集・記事

珍しい特集・多くの人が見たがる記事が掲載されたものは査定が高いです。例えばアニメージュの初期には頻繁に宮﨑駿監督が登場し、高畑勲監督や押井守監督と座談会などをしています。また、マイケル・ジャクソンがいのまたむつみ先生のファンで、わざわざ会いに来るという珍事を取材した記事が掲載されたNEWTYPEなど、そういった記事の乗った号は高く査定します。

付録がある

付録があるのもポイントです。ただ、希少な付録とそうでないほとんど高値査定の要素にならない付録があります。

かなり多様な要素が絡みますが、当店では雑誌も買取歓迎です。意外な査定が付く場合もありますので、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事