マンガとアニメとゲームの買取堂のブログ ■ オタクとサブカルの古本屋

ヘタリアの再録総集編同人誌たくさん入荷しました。

投稿日:

ヒゲのOL サディク・アドナン
珍しいトルコの同人誌「ヒゲのOL サディク・アドナン」
ヒールとタイツのよく似合うおみ足が美しい。日度でニャーン♥

AXSIS POWER OF ヘタリアの同人誌の総集編、再録集がいっぱい入荷。マンガと小説の両方です。
店主は日丸屋秀和先生がネットで連載されているときに、見ていたのですが、各国の軍事力・外交関係から文化、そして、下半身事情まで(しっかりキャラクターと関係萌に反映)、ものすごい第二次世界大戦と国家に関する知識量に驚かされました。そして、まさかの国家のキャラクター化、しかも直球でBL要素まで入れるとは。後にアニメ化されますが、納得の斬新さです。
店主は歴オタと言えるほどでは全然ないのですが、スーパーファミコン版の「信長の野望武将風雲録」でいっとき歴史にハマった口です。山岡荘八だとか、歴史のムック本などを読み始めました。その過程で衆道というものを知り、驚天動地しました。まさか織田信長と前田利家がニャーン♥して、絆を深めていたとは。同性愛自体は行きつけのエロ本墓場で「サムソン」を拾って知っていたのですが(毛むくじゃらマシュマロ男子がくんずほぐれつしていて、これはこれでびっくりしました)、まさか男同士でニャーン♥するのが、武士の習いだったとは思いもしませんでした。
当時は戦国武将の美少年化なんていうものなんかなくて、前田利家の名前で脳裏に浮かぶのは「花の慶次」にでてくるゼニゲバで卑怯で嫉妬深くて、いつもソロバンを持って戦場に出てくるあのクソジジイなもんで思い出としては最悪でした。もっとも、腐女子のガールズ and レディースの方々のなかには、そんなんでも全然問題ない、むしろウエルカムという脅威の懐の持ち主もいらっしゃるようですが・・・
世の中ってのは進歩するものですね。
当店ではBL同人誌・ゲーム買取大歓迎ですので、ご処分予定のコレクションがございましたら、是非当店をご用命ください。



店主はちなみにイギリスが好きです。あのぼっち具合、人ごとにあらず・・・!