マンガとアニメとゲームの買取堂のブログ ■ オタクとサブカルの古本屋

店主の思い出のSFC「摩訶摩訶」必勝法スペシャル

投稿日:

「摩訶摩訶」必勝法スペシャル
必勝法スペシャル「摩訶摩訶」

これは店主にとっては懐かしいです。まだチンチンがつるんつるんだった小学生の頃、発売日に買いましたから。
クラスで報告したところ、完全に変人扱いされました。貸してくれと言ってくる奇特な友達は誰一人として、いませんでした。
何で買ったかというと、ファミ通で見た相原コージさんのあの独特のキャラクターデザインだと思います。何か、面白くて強烈に惹かれたのですよね。当時既に「コージ苑」は連載されていたと思いますが、さすがに読んではいませんでした。
しかし後年、日陰の虫の宿命といいますか、サルでも描けるまんが教室、ムジナと読んでいき、短篇集などほとんどの相原作品はコレクションになります。「相原コージのなにがオモロイの?」で氏がぶっ壊れていく様子もリアルタイムで鑑賞しておりました。作風もプログラミングもぶっ壊れたゲームなのですが、こんな作品が1万円近い値段で売られたいたなんて、90年台は今から考えると信じられないほど懐が深くて自由な時代でした。


店主は釘付けですが、クラスで話題になることは一切ないゲームでした。