マンガとアニメとゲームの買取堂のブログ ■ オタクとサブカルの古本屋

河森正治「クラッシャージョー」メカニックアート集

投稿日:

河森正治「クラッシャージョーメカニックアート集」
プレミアがついてるので結構、高く買えます。

メカニックデザイナーの河森正治さんのデザイン集です。マクロスで有名ですね。子供の頃からレゴブロックなど二次元デザインよりも三次元に興味を持ってたそうですが、それが後に変形を前提としたバルキリーの平面デザインにつながったそうです。
昔、重度の軍オタの友人の「変形するからロボットから兵器っぽさが抜けるから、マクロスは嫌いだ。もちろんZガンダムも嫌いだ」というセリフを聞いた時は「そういう視点もあるのか!」と驚きました。友人の言うことも分からんでもないんですが、トランスフォーマーとかが好きな私は単純に「スゲエ!」と驚くので、私は結構好きです。だって、飛行機がそのままロボットになったらビックリするじゃないですか。
バルキリーには熱狂的なファンの方がいらっしゃり、特集が組んである雑誌を片っ端から買って行かれたお客様がおられました。この本はマクロス以前の作品で、変形機構の設定資料はないのですが、河森正治作品は人気があり、結構プレミアが付いている、もしくは価格があまり下がらないものが多いです。
巻末のインタヴューで、河森正治さんは直線よりも曲線のほうが好きで、スター・ウォーズでR2-D2が出てきた時は「やられた!」と感じたそうです。そういう視点で見ると河森作品は兵器感よりも、未来っぽい感じですね。