マンガとアニメとゲームの買取堂のブログ ■ オタクとサブカルの古本屋

独立系美少女特撮映画「マイティレディ スパークル」

投稿日:

マイティレディ
「マイティレディ スパークル」
監督・大桃一郎 主演・木下鈴奈 北見綾野
製作・ビックピーチエンタテインメント
著作/販売株式会社テクニカルスタッフ

30年の歴史を誇るインディーズ系特撮Vシネマ

こういうニッチな層をターゲティングしたAVを昔妖しいビデオ屋で見かけた覚えがありますが、AVではありません。AMAZONのレヴューによれば爽やかなエロなので、直球のエロを求める人には向かないだそう。真面目に作られた特撮作品です。


高校生の8mm作品に大映が出資

1984年に高校生だった大桃一郎監督が8mmで撮影した作品に、大映が出資して一般向けにソフト販売された日本初の特撮Vシネマです。2001年にインディーズ作品として復活し、ネット直販と少ない販売店舗にもかかわらず大ヒットし、現在までに20作品を超えるタイトルが販売されています。30年以上の長い歴史を誇ってます。こういうものに出資する当時の大映は未来に賭けていていいですね。


金のなさを智恵と労力で超える!

現在、新作を作ろうとしているようで制作費をクラウドファンティングで集めていますね。そのサイトにマイティレディの魅力について以下のように書かれています。


「マイティレディ ザ・レジェンド」に愛の手を!特撮巨大化女子復活プロジェクト!(Makuake)
https://www.makuake.com/project/mightylady/


「監督のカメラワークは、少ない制作予算のため広いセットが使えないことから生まれたものです。監督は、抑えられた予算を補うために、惜しみない作業量と知恵と経験により、臨場感のある特撮シーンを作り上げてきたのです。」


ああ!いいっ!!
失礼ながら店主は未見なのですが、YOUTUBEの予告を見るかぎり、確かに結構いい感じがします。カメラワークがいい!!特撮もCGもアクションも頑張ってる!


インディーズでマイティレディのみを撮り続ける

大桃一郎監督は円谷プロなどで切磋琢磨しながらいろいろな技術を吸収しつつ、なんと!この「マイティレディ」シリーズのみを撮影し続けているそうです。クラウドファンティングに資金集めを頼っているところを見ると、かなり製作は大変なようです。インディーズは大変なんでしょうが、でも、誰にも縛られずに好きなことに没頭できて羨ましい人生だなぁ・・・ 楽しくてたまらないだろうなぁ・・・