マンガとアニメとゲームの買取堂のブログ ■ オタクとサブカルの古本屋

電波実験社「Uコン飛行機入門」竹林悟・藤室皓

投稿日:

電波実験社「Uコン飛行機入門」
Uコン飛行機入門 竹林悟・藤室皓
昭和47年 電波実験社

Uコンとは?

ラジコンのご先祖様かと思いましたが、全く原理が違うようですね。電波で機体を操るのではなく、ワイヤーで機体と操縦機を繋いで飛ばす方式。機械仕掛けの凧揚げですね。ご先祖というよりは模型飛行機の先駆けと表現したほうが正確。
物理的に機体と操縦者がワイヤーでつながっているのでエンジンの振動や風を直接感じられるのが魅力のようです。ラジコンのようにモーターを電気で動かすのではなく、オイルで「エンジン」を動かす模様。ラジコンより「機械感」があります。操作の自由度は劣る分、肉体で飛行機を飛ばしているという感覚を得ることができる趣味ですね。


進駐軍とUコン

Uコン設計者の竹林悟さんが序文を書いているのですが、もともとは進駐軍の兵士が飛ばして遊んでいて、それが徐々に全国に広がっていたそうです。カレーが世界に広がったのはイギリス帝国によるインドの植民地化が原因ですが、それと同じ感じですね。歴史ってのは良かれ悪しかれ、大きなことも小さなこともいろいろなことを引き起こすもんですね。
ラジコンの普及で下火になってしまったようですが、今でも愛好者の方がいて、今でも大会が開催されています。